変化の時代に輝く!大塚製作所の「両利きの経営」戦略

DOG-WAKER

ビジネスの世界は日々変化していますが、その変化に果敢に立ち向かう企業の一つ、大塚製作所の「両利きの経営」についてご紹介します。

「両利きの経営」とは?

「両利きの経営」とは、既存事業の改善と新規事業の実験を同時に進めることで、成功からの失速を防ぐ経営戦略です。この戦略はイノベーションのジレンマに対抗するために提唱され、日本国内でも多くの企業が取り入れています。

大塚製作所の挑戦

大塚製作所は、フレーム加工技術を駆使して介護問題を解決する企業です。

首社も「両利きの経営」を実践し、既存事業と新規事業のバランスを保ちつつ成長しています。

彼らは、既存事業の行動様式に縛られずに新たな成長の仕組みを構築し、介護用品で培った技術を核に、補助器具の開発やペット用歩行機の開発など、新しい分野に向けた実験と行動を繰り返しています。

国際展開と技術の融合

大塚製作所は、既存事業の拡大にも挑戦しています。

主要部品の製造工場を中国蘇州で開拓。コマツや日立、クボタなどの重機や中国の航空機の座席のシリンダーなどを製造している工場で主要部品を製造。現地指導を重視し、精度が出ていない作業工程の改善と品質の向上を追求し、大量生産と品質の確保を両立させる成功を収めています。

変化の時代に向けて

「両利きの経営」は、主力事業の改善と新規事業の実験という知の深化と探索を同時に行う経営手法です。今日の変化の速いビジネス環境で、このアプローチは不可欠です。

大塚製作所は、大塚代表の直接的な戦略立案と全社への情報共有を通じて、変化に対応し、成長を続ける強力なビジョンを持っています。

「両利きの経営」は、変化の激しい現代において、持続的な成功を収めるための鍵と言えるでしょう。

大塚製作所はその一つの実例であり、今後もその挑戦と成果に期待が高まります。

あわせて読みたい
★職人による一貫製造|愛知県名古屋市|大塚製作所 愛知県名古屋市で職人による一貫製造、一貫生産を行っております。アルミ溶接、ステンレス溶接、介護用品やスチール家具のオーダーは大塚製作所にお任せ下さい。
よかったらシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次