「SALESCORE」Excelの便利さとSFAのパワーを結集した新たな営業管理ツール

salescore

ビジネスの世界では、効率的なデータ管理が成功の鍵となります。

そのためには、定性的な情報を定量化し、偶然を必然に導くことが重要です。

この課題を解決するために、SALESCOREという革新的なツールが存在します。

SALESCOREは、Salesforceにログインすることなく、Excelのように使えるツールです。その柔軟性と使いやすさにより、大手企業や組織が採用し、売上向上に貢献しています。中には売り上げを4倍に伸ばした企業もあります。

正しい数値管理は経営の基本です。

データ管理の革命、Salescoreの力

Salescoreは、素早い課題特定を可能にし、目標達成率を向上させることをサポートします。

従来のSFA(Sales Force Automation)やCRM(Customer Relationship Management)では、商談や営業活動、売上予測に必要なデータ入力が煩雑でした。しかし、SALESCOREはExcelのような直感的なUIでデータ入力を行えるため、効率的な業務遂行が可能です。また、進捗率も視覚的に確認でき、営業チームの予実管理を容易にサポートします。salesforceとの併用がおすすめです。

ExcelとSFAの融合、データ活用の新たな展望

従来のExcelやSFAには課題がありました。Excelはデータの分散や質の低下を引き起こし、SFAは特定のケースに特化しており、全体的な予実管理に欠ける要素がありました。ここでSALESCOREの登場です。SALESCOREはExcelの柔軟性とSFAの強み(情報共有・可視化・仕組化)を結集し、データ活用の新たな展望を切り拓きます。SALESCOREを活用することで、データに基づいた勝ちパターンの特定や、その効果的な適用を実現できます。

使い慣れたUIでのデータ入力、予実管理の自動化

SALESCOREの特長の一つは、使い慣れたUIでのデータ入力です。取引先や取引先責任者、商談、活動など複数のオブジェクトにまたがるデータ入力を、一つの画面でスムーズに行えます。これにより、効率的な作業が可能となり、SFAの画面遷移や入力に時間を割く必要がありません。さらに、SALESCOREはダッシュボードから目標(予算)設定を行い、実績との連携により予実管理を自動化します。データの統合や分析が煩雑でなくなり、営業チームの生産性が向上します。salesforceのダッシュボードの欠点であった予実管理をスムーズに行えます。

データ精度の向上と営業目標の実現

SALESCOREは、データ管理の革命をもたらし、営業チームの成果を向上させるための優れたツールです。Excelの柔軟性とSFAの効果を組み合わせることで、データ活用の最適化が可能になります。これにより、特定の勝ちパターンを活かした営業活動や、効果的な予実管理を実現し、目標達成に向けた道を切り拓くことができるのです。

SALESCOREの力を借りて、データ管理の効率化と営業目標の達成を目指しませんか?

ぜひSALESCOREの導入を検討してみてください。

SALESCORE
SALESCORE(セールスコア) | セールスイネーブルメントツール SALESCOREはSFAと連携しデータの入力効率化から、データの分析、 日々の営業進捗管理まで実現し、営業生産性と収益向上に貢献します。
よかったらシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次